« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

色々なこと

「目に見えない世界」に関心を持ち始め

自分との葛藤の中、いまだ、次から次へと関心事が増えています。

只今、自分で体験しながらの模索中ですが

「人間」として

「人」として

どう生きるか

どのように過ごすか

が、当たり前だけれども一番大切なのですね。

良い

悪いもない。

その人の「今」の許容範囲ないでの

物事の考えなのだから、わかっている人は

タイミングをみて教えてあげればいい。

やんわりとね。

たぶん、ずぅーっと、色々なことに、これからも探究し続けるのでしょうね。私は。

2011年11月20日 (日)

父の癖

父の癖が目に着く

自分の癖でもあった。

やはり親子

仕事先で最近よく、指摘されることで気がついた。

ふっeyeとした瞬間で気づいた。

相手を通じて、「気づく」仕組み。

些細なことでも、気づくことは日常生活でいくつもある。

人生学び

2011年11月 8日 (火)

この間の日曜日に

confident

この時期は文化祭シーズンですねheart04

学校見学を兼ねて「文化祭」に行かれる方

「卒業生」として行かれる方、いらっしゃるのではないでしょうか?

私は卒業して「始めて」母校を訪れ、文化祭を楽しんできました。

それはそれは、楽しい時間でアット言う間に過ぎて行きました。

卒業してからも交流させて頂いている、先輩方と訪れたのですが、

「部室にバトンを置きっぱ放しにしているのeye」「まだあるかしら・・・」

「卒業してから何年経ちます?」・・・などなど

ある記念館に入れば、なにやら機械があって

「卒業年度はいつ?」「続き⇒」をタッチして進んでみると

画面いっぱいに広がるのは、クラスごとで撮影した「私たちの卒業写真」

「きゃーhappy02

私は真っ黒な顔をしていました。SKI同好会のメンバーでしたから・・・

当時の流行が髪型でわかりますね(*´v゚*)ゞ

そしてこの日、一緒に文化祭に行ったメンバーの一人は、福島県からの参加です。

あれから半年以上が経ち、もうすぐ冬を迎えると言うのに

「感じる地震は日に2~3回はある」そうです。

ショックでした。

地震発生してしばらくしてから、融資で送った「支援物資」

日持ちする「缶詰め」「お水」は

今後のために保管しているそうです。

「油断できないから」と。

福島に帰宅した翌日、メールを頂きました。

「行って良かった」「皆に会えて、パワーをもらった」と言葉がありました。

忘れてはいけませんね。

あたり前のこの生活。

感謝しながら、生きなければいけません。

現実を一生懸命、楽しく、前向きに

時には落ち込み

時には嘆き

「一生懸命に今を生きることです」

2011年11月 4日 (金)

年に一度

体調を崩してから、未だ完治してません。

先日、ついに「声変わり」しました。

声帯がよわいのでしょう。毎年この時季になると、声が変わります。

カラダがお知らせしてくれているメッセージ。

単純に「薬」を飲用して治すことではないようです。

無料ブログはココログ