« 「損して恥かく」 | トップページ | 「商売は道によりて賢し」 »

2013年10月27日 (日)

「微鹿眼に入れば大山も見えず」

「どんなに小さなゴミでも、目の中に入れば大きな山でさえ見えなくなってしまうことから、小さなことでもあなどれないことのたとえ」
〓「気づき」はどこにでもあるので、目の前の出来事もあなどれません。今を一生懸命に過ごすことが開運への近道みです。

« 「損して恥かく」 | トップページ | 「商売は道によりて賢し」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「微鹿眼に入れば大山も見えず」:

« 「損して恥かく」 | トップページ | 「商売は道によりて賢し」 »

無料ブログはココログ