« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月27日 (水)

「河童の寒稽古」

はた目には苦痛のようだか、本人には苦しくともないこと。
(^O^)/

「夢」があって、限界を超えてまでの努力をしているのであれば、当人の気持ちはそうかもしれません。素敵な人生の過ごし方ですね。一秒前も過去。個人的には、はた目からみて「苦労していなさそう」と思われたいかな。今は。昔は「苦痛オーラ」出していながら、隠そうとしていた。

2013年11月25日 (月)

「貧しきは諂う」

人は誰でも貧しくなると、心までもいやしくなって、他人にこびへつらいようになるということ
(^O^)/
幸せの基準は今の自分
無い物ねだりだったり
あなたの物は私のもの(T_T)私の物は私の物などの考え方を参考にしてみて下さい。
本当に貧しくても、心豊な方・器の大きい方はいます。違いは明らかです。

2013年11月19日 (火)

「本来一仏なし」

仏は初めから仏だったのではない。
凡夫が修業を積んで悟りにたっしたのが仏である
(^O^)/
努力しだいでは、奇跡を起こすこともできる。

夢や目標を達成すること・未来を楽しみに努力する。
継続は力なり!でしょうか?

だから、頑張れるのかも。

2013年11月18日 (月)

「宝の持ち腐れ」

役に立つ物を持ちながら、使わないこと。
才能や芸を持ちながら活用できる場がないことのたとえ。
(^O^)/
誰もが持っている自分だけの才能。気づく時代に入りました。

わかっていても、活用しなければ意味がありません。
わかっている人は、ダイヤモンドが磨けばさらに輝きが増すように、自分磨きに努力しましょう。

私も自分に言い聞かせています。
時には「勇気」も必要。
(>_<)

2013年11月13日 (水)

「情けを仇で返す」

恩を受けたらそれにむくいるべきなのに、逆に相手に害を与えること。
(^O^)/
努力は当人がするべきことですが、支えがあって、今があることを忘れてはいけません。
幸せが増えてくると、自分は偉いと思えてくる。
傲慢になり、相手への気配りも失くなってしまう。

謙虚を忘れてはいけませんね。

自分も知らない間に、
相手に害を与える行動をとっています。無意識に。

2013年11月12日 (火)

「女は化物」

女は化粧によって、まるで別人かと思うほどかわることのたとえ
(^O^)/
男女を問わず「魂」を磨きこむ毎日を過ごせば、皮膚の細胞が変わり若返り、運気も好転し、まるで誰かに後押しされているかのように人生が楽しくなってきます。

2013年11月11日 (月)

「働けば回る」その2

(^O^)/
納得されない場合は、ただの空回り〓
 
何をやっても、うまくことは運びません。残念なことに神様との思いが大きく離れているから。
でも、大丈夫神様はいつでも平等に味方ですから、味方になって頂くのです。
もう一度、原点に戻り、考えることをオススメします。
ひらめきのような直感がキャッチできれば、最優先で。
 
どうして?
 
こちらも答えは後からわかります。
 

「働けば回る」

働けば働くほど
それについてやりくり上手になら、金回りもよくなっていくということ。
(^O^)/
よくも悪くも、神様の基準は私達の「行動」がすべて。納得されれば、ご褒美のごとく、吉となり時は流れます。
もっと早くに〓と思う私ですが、法則を心得ているので、最後にはキチンとご挨拶しています。

なるほど〓と

2013年11月 8日 (金)

自分を振り返った4 日間でした。

平成25年11月5日から平成25年11月8日の4日間、御奉仕隊員の一人として、皇居内に入らせて頂いてます。今日が最終日。今、集合場所に向かっています。

皇居は静かに時がながれ、昨日、天皇陛下・皇后様に御会釈でお目にかかりましたが、物静かに天皇陛下を支えていらっしゃる皇后様のお姿は言葉では表現できない感動です。

国民に対する天皇陛下の思いも、担当の方々からの説明を聞きますと、涙がでます。大袈裟な表現ではありませ。

目と目を合わせお話をされる天皇陛下。
皇后様とも顔を合わせ会話されるお姿。

我を振り返ることはとても大切なことです。

2013年11月 6日 (水)

「月夜半分闇夜半分」

この世では、よいことと悪いことが、半々であるということ。
(^O^)/
半々であることはわかりませんが、闇があって、光がわかる。

2013年11月 5日 (火)

「天に眼」

天にも眼があり、
人間の前行も悪行もみな、お見通しであるということ。
(^O^)/
「見ていないから」とか「言わなければわからないでしょ〜」とか、裏表のある行動はいずればれる。

2013年11月 4日 (月)

「禍いを転じて福となす」

難があっても、逆に利用して福運のきっかけにするということ
(^O^)/
災難をマイナスに捉えず、気づきと考えるのが、スピリチュアル的。が、しかし、利用もあり。賢い考え方。利用されているかいなかを見抜くのは私(自分)

チャンスを逃さない。

2013年11月 3日 (日)

「知恵多ければ憤り多し」

知恵や知識が豊富になれば、世の中の不公平さに気がついて腹がたつことも多くなる
(^O^)/
腹をたてて、イライラしている時間がもったいない。この切り替えは難しですが。考えないようにするほど腹がたつ。
まだまだ、私もひよっこです。

2013年11月 2日 (土)

「是非は道によって賢し」

それがよいか、悪いかは、その道の専門家に判断してもらうのが確実ということ。
(^O^)/
人間世界に「よいか、悪いか」の判断はありません。あるのは、最低限のマナーや常識であるか、どうかです。守らなければならないルールは必ずあるのです。
迷ったら聞く。

確認をする!でも構わないと思います。

恥ずかしがらず、こちらから行動することは大切な動きです。

2013年11月 1日 (金)

「鶴は枯木に巣をくわず」

人はその才能にふさわしいところに身をよせるということ
(^O^)/才能を開花する時代に入りました。

癒しのイベントに来られる方の多くが、「自分がするべき何か」を探していらっしゃいます。

不安とか心配は当たり前です。やりたいことがあっても、やる気がおきなかったりするのは、その答えが別にあるか、今のタイミングではないことを教えてくれています。ここで止めず、さらに模索することが鍵なのです。
そうすると、居場所が見つかります。

無料ブログはココログ